たまベジ散歩

茨城の田舎生活 ~農業初心者の体験記録~

スイカとミツバチ

イカを守るネットが足りない

 うれしい悲鳴ってヤツです。

 スイカの赤ちゃんを、カラスから守るネットがたりなくて、

少なくとも、3つのスイカの赤ちゃんがむき出しだ

 すると、夫が、ネットを持ってきた。でも、そのネットは、

 空中栽培用のネットだった。

 このスイカ君は、大きく重くなってもネットが支えてくれる。

 

 むき出しのスイカたちの運命は・・・?

 

イカが豊作なのは、ミツバチたちの活躍だろうか?

もともと、スイカの苗は3つしか植えていない(5月7日撮影)

 それなのに、毎日たくさん収穫できるのはなぜだろう?

 

 ワラや段ボールを敷いていた、ということもあるが、私はミツバチのおかげだと思っている。

 

 今日も、スイカ畑で草取りをしてたら、ニホンミツバチがブンブン飛んでいた。

 いくら、雌花が咲いても、受粉しなければ実にはならない。

 

 きっとミツバチが活躍しているのだろう。

 

鉄腕DASHでも、ミツバチの話題だった。

 昨日の、日本テレビ鉄腕DASH」で、感動したことが2つ。

 

 1つめは、どうやって、連日の猛暑を乗り切っているのか、ってこと。

 ミツバチたちにとって、快適な温度は34度。

 2度以上気温が上がると、死の危険性があるのだそうです。

 

 スタッフたちも、人工芝を敷いたり、打ち水をしたり、涼しい工夫をしてあげますが、働き蜂たちがスゴかった!

何と、羽を、扇風機代わりにして、巣の中へ、風を送り込んでいるんです!

 ミツバチは、温度に敏感で、40度近くになる日は、扇風機バチも増えるんです。

 感動です。

 

成虫になる瞬間の撮影に成功

ミツバチは、20日ほどで、成虫になる、完全変態

さなぎから、成虫になる瞬間が見られた!

 よく、この瞬間を撮影できたなぁ、とまた感動。

 つい最近まで、太一君も岸君も、スタッフも、養蜂は私たちより、初心者だったのに、って、また感動。

 

夫が、感動した所は、別だった。

夫が感動していたのは、このシーン。

 

木箱の横板をはずすと、巣がこんなに大きくなっている。

 夫が感動していたのは、実はそこではなく、

2人が、「素手」で、板をもっていたことだ!

 

ハチに刺されたばかりだからねぇ。

 

 

 

スズメバチ博士に会った帰りに、また、事件に巻き込まれた!?

イカがカラスにやられた!

 今年、初めてやられました。

ネットがかかってなかったからでしょう。

 きっと少し食べたら美味しくないので(まだ、熟れてない)、途中でやめちゃった、って感じでしょうか。

 

 やはり、スイカの子供を見つけたら、すぐネットか何かで守ってあげないと、カラスにいたずらされます。

 

 そう、カラスが厄介なのは、生きるためにスイカを食べるのではなくイタズラでつつくことです。

 

お盆 

(これは、茨城の我が家)

 実父の新盆なので、多摩川の近くにある、弟夫婦の家へ。

 日曜日なので、姪や甥(実父にとっての孫)もいましたので、亡くなった父も寂しくないお盆を過ごせているのだと思います。

 

 さて、そのおうちでのこと。

 

スズメバチの博士

 以前にも紹介しましたが、弟は、スズメバチのコレクターでした。

 

  もし、お時間があれば、お読みください ↓ ↓ ↓

 

 この時は、LINEで写真を送ってもらっただけでしたので、今日はその本物(の一部)を見せてもらいました。

ヒメスズメバチ

 いろいろな話を聞きました。

 

 この(私も前に住んでいた)庭に、トラップを仕掛けて、いろいろな種類のスズメバチを捕まえたが、キイロスズメバチだけが、捕まらない、とか。

 

真ん中がキイロスズメバチ 脚が黄色だからすぐわかるそう。

 こんな模型もあるんですねぇ。

 

オオスズメバチの模型  顔や、針、飛ぶ時の羽根の構造もよくわかる。

 私たちも、トラップで、スズメバチをたくさん捕まえましたが、それは、我が家のニホンミツバチを守るためです。

 そして、トラップで捕まっても、なかなかスズメバチは死にません。

 

 

 だから、聞いてみました、標本にする時、まだ生きてたら、どうするの?

 すると「ドライヤーで、熱風をかける」のだそう。

 なるほど~。

 

 ミツバチの巣が、スズメバチに襲われた時、ミツバチは集団で1匹のスズメバチを取り囲み、その熱でスズメバチを殺すのだった。「熱殺蜂球」だ。 

 

 スズメバチ博士の話は、さらに続きそうでしたが、私たちは、明るいうちに茨城の家に帰りたい(マロンが心配だ~)と思い、話はここまでにして、帰路につきました。

 

常磐高速で、、、、

帰り道の高速で、煙がモクモク。火事かな?

 検索すると、この火事でした。大きな火事だったようです。

 さらに、、、、

渋滞だ・・・ 事故かな?

せっかくの夏休みなのに、キャンピングカーが横転。かわいそうに。

 最近、出先で、事故に巻き込まれるなあ。

(先月は、大阪の「不発弾処理」に巻き込まれた。)

 

今日のマロン 

立ち上がろうと、必死に前足をふんばるマロン

 ただいま、マロン。

 明るいうちに、自宅に無事戻れて、良かったよ。

 

続お盆の準備 スイカとカボチャの収穫

今日のマロン

  今朝のマロンは調子良く、段差を乗り越えられたんですよ。

  私が、写真左で、容器に水を入れていたら、右上の段差を乗り越えてきたんですよ。 

 水が飲みたかったんですね、きれいな水が。

 

 でも、これで疲れちゃったのか、お盆で親戚が来た時には、爆睡してました。

 

お盆の準備

 さて、昨日も書いた、「お盆の準備」の続きです。

 お盆というのは、たいていたくさん親戚が集まります。

 亡くなった御先祖様も、やってきます。

 持ち帰っていただくための、(もしかしたら、たくさん振る舞う料理に使うための?)畑の実りを収穫しておきます。

 

イカの収穫

 スイカの実は、カラスから守るために、ネットまたは、苗ポット容器をかぶせてあります。

その下に隠されたスイカを、コンコンと軽く叩いてみます。

(夫がいうのには)なんとなく、実が熟した音を立てツルが茶色くなったスイカを選びます。

熟したスイカは、落とすとすぐ割れてしまうので、そっと扱います。

 そうですよね、「スイカ割り」はあるけど、「メロン割り」は聞いたことないでしょう。棒でスイカを叩いたら、パッカーン、って赤い実がすぐ飛び出ますよ。

 

今日は、こんなに採れました!

カボチャの収穫

 同じ瓜でも、カボチャは違います。

カボチャをつかんで、そらよっと投げる

 ラグビーボールみたいな形をしてますが、弾みません。

 どんっ、と地面に落ちます。

 カボチャは、割れないんですね!!

 

おや、色が違うカボチャがあります。

 腐ってしまったものです。

 ちょっと、採るのが遅くなったものや、土の上に直接実をつけてしまったものは腐りやすい。

 それは、スイカにも言えます。だから、ワラやダンボールを下に敷くのですね。

まるで収穫祭みたい!

 お盆には、たくさんの親戚が集まりますから、昔はお料理を作るのも大変でした。

 でも、コロナ禍で、線香をあげてすぐ帰る、ってことが多くなり、いや、それどころか、来られない親戚もあり、ちょっと寂しいことだな、と感じています。

 

さぁ、お墓参り

 昨日のブログで、ちょっと触れた、サトイモの葉です。

 適当な大きさのを20枚ほどとってきます。 

サトイモの葉約20枚(左) ナスと米(右)
サトイモの葉の皿の上に、ナスとお米をのせます。

 お花と線香をあげて、供養してきました。

 

(地域によっては、サトイモでなく蓮の葉だったり、お供えものがあんこ餅だったり、興味深いです。)

お盆の準備、台風への備えも。

最近の若い人は、お盆を知らない

一昨日のTBS The TIME, です。

 

安住紳一郎アナが、怒るというか、がっかりしていました。

 私自身、この世代の頃は、お盆ってあまりよく知りませんでしたね。<(_ _)>

 

 お盆の時に飾る、ナスやキュウリ、私は単に、収穫を御先祖様に報告するものと思ってました。

 ま、その意味もあるかもしれないけど、

御先祖様が早く来られるよう、キュウリの馬、帰るときはゆっくり戻るよう、ナスの牛。

 諸説あるようですけど、なるほど~と思いました。

 

山形県のある地方で・・・

 そしたら、この番組で、おもしろいことが紹介されていたんですよ。

 精霊馬よりも、もっと早く、もっと快適に、、、

精霊車ですって!

 山形県遊佐町では、こんなのを軒下に吊すんですって。

 とてもいいアイディアだなと、ほっこりしました。

 

ペガサスキュウリを精霊馬に!

 早く走れるキュウリの馬で、下界に戻ってきて~、と言うのなら、

あのペガサスキュウリが、精霊キュウリにぴったり!

ペガサスキュウリは、残念ながら、もう採れませんけどね。

 (採れたとしても、1日で、翼はしおれてしまいます💧)

 

我が家でもお盆の準備

 通常、13日の朝、お盆の準備をするのですけど、台風が近づいているという予報もありますので、今日のうちに。

お盆の3段飾り(地方や宗教により、違うらしい)

 毎年、「これでいいんだっけ?」なんて言いながら、飾っています。

 下段の左には、脚はつけてないけど、馬のキュウリと牛のナス、そして、馬車にいいかな、とカボチャを置いてみました。

 スイカを置いたのは、やっぱり、農業をやってたじいちゃんに、豊作を知らせるためかな。

 

 

明日の台風に備えて・・

 明日は台風が来るらしい。

 倒れないよう、しっかり固定してあげなきゃいけない植物たちがある。

 まず、ばあちゃんの庭の「皇帝ダリア」

 元々、傾いている。こりゃ、台風で大きな風が吹いたら、倒れちゃう。

元も傾いていた(左)のを、3本の支柱で固定した。(右)

 

菊やヒマワリを、支柱とつないで、倒れないようにした。

 けっこう時間がかかってしまいました。(やったのは、全部夫ですけど(*^O^*))

 

サトイモの葉を用意するのは、明日の朝にします。

 サトイモの葉、お墓で使うんです。

  

 お盆の準備については、まだ続きがあるので、明日更新します。 

 

 

 

マロンは元気 キュウリもまだ元気だった

マロンの今日

 今日も、散歩3歩しか歩かなかった、、、という記事を書こうかと思っていたら・・・

おい、どこへ行く?

 今日は、3歩どころか、どんどん、歩いていくんですよ。

 私も、後ろから追いかけました。

樋が段差となって(超えられず)、右に曲がった

そのむこうは、隣の家だよ。入っちゃダメ~。

 

不法侵入する前に、転んで起き上がれなくなった。

 はい、終わり~。

 マロンを抱えて、出発地点(犬小屋)の前まで連れてきた。

 すると、また歩き出した。

さっき超えられなかった段差(樋)を、今度はまっすぐ・・・

 また、線路の方(右)に行くのか?と思ったら・・・

左に曲がり、ご主人宅を一周

 今日は、元気だ。

 

 そのあと、マロンは、水をがぶ飲みした。

 そして、水飲み皿は、空っぽになっていた。

 

 水を飲んで、身体を冷やしているんだな。

 マロン、がんばってるんだね。

 

 

7月15日に、「もう終わった」と書いたキュウリ

 ・・・「もう終わり」と書いたのに、7月26日には、大量に採れ、キュウリ2キロで「キューちゃん漬け」なんか作っている。

 

 私は嘘を書きましたね。

 「キュウリは、植えてから採れるのが早いけど、終わるのも早い」と書きましたが、「終わった」と思ってから1ヶ月たっても、、、、

こんな状態で、まだキュウリ採れます。

 ただ、まっすぐなキュウリはありません。

こんなへんてこなのばっかり(*^o^*)

 昨日とれた4本(と、シシトウ)で、(他の人のマネですけど💧)作ってみました。

皆さんに、涼しさをお届けします。(氷)

 真ん中のまっすぐなのは、キュウリ2本使ってます。(習字なら、一筆で書かなくてはいけないので、アウトです。👍)

 

新しく植えたキュウリが、まもなく・・・・

7月19日に植えたキュウリ(タネから育てた苗)

もう、黄色い花をつけているんですよ!

 古いキュウリが本当に採れなくなるころ、新しいキュウリが収穫できるようになりそうです。

 また、キュウリラッシュが始まるのかと思うと。。。。

  ア うれしいです。

  イ ぞっとします。

  ウ 微妙です。

 正解は、ご想像ください。

毛皮を着ているマロンは、この夏を越せるのだろうか がんばれ、マロン!

マロン16歳 最近は徘徊する気力・体力ありません

 1ヶ月前、マロンは家出した。

     お時間があれば、お読みください↓↓↓

 今思えば、ゆるい下り坂を歩けるだけ歩いて、冷たい線路と敷石の上で身体を冷やしていたのか、とも思うが・・・

 

 この暑い夏、マロンがどんな風に過ごしているかお伝えしようと思います。

 

マロンの犬小屋

 マロンは、外で飼っている犬です。

 暑い日も、寒い日も、台風の日も、この、マロンの家の中です。

 この家全部がマロンの家ではありません。(奥は物置になっています。)

 

鎖をつけ、範囲内を自由に歩いていました。

 でも、鎖がからまっちゃって、動けなくなったり、ちょっとした拍子に、腰が抜けたように立てなくなることもありました。

ウッドデッキから落ちちゃって、戻れなくなった時

 マロンのためにあった、ウッドデッキが、マロンにとっては段差でしかなく、時には首輪を締め付け、意識がもうろうとなることもありました。

 

 そういうことが、昼夜を問わずあったので、マロンのためにどうしたらよいのか考えました。

 

柵内の放し飼いとなりました

ついにウッドデッキの外には行けないようになりました。

 

散歩の時には、ハーネスをつけて、、、

 でも、マロンは、このハーネスがあまり好きではないようで・・・

何も(鎖もハーネスも)つけずに、外に出してあげるのが散歩。

外に出してあげても、少し歩いて、すぐ戻ってしまいます

今日のマロン

早朝から、悲しげに、ないてました。😢

 足が何かに(たぶんエサの皿か、水飲みの皿)入ってしまい、立てなくなったようです。

 それにしても、マロンと、目が合ったのは久しぶり。白内障で、よく見えてないのに、今日は、見えたのかな。

 

 外に出してあげると、よろよろ歩き出して、、、、

防草シートの上で、しばらく休憩して戻りました。

 今年の夏の暑さは異常で、毛皮を着てるマロンには、さらに厳しい暑さだと思います。

 がんばれ、マロン!

 

がんばれ、と言いたい相手はもう一人・・・

昨日より、また少し成長した、空中栽培のスイカ

 

ここです。わかりますか?

 毎日、このスイカ君の成長を見に行くのは楽しみだなぁ。

(でも空中栽培してるわけではないから、いずれは、重さで落ちちゃうんだろう💧)

 

 

  

 

 

今年は蚊が少ないというが、・・・ 今日の話題は、カとスイカ。

今年は、蚊が少ないという。

 去年までなら、草取りの時、「虫除けスプレー」して、さらに蚊取り線香を腰からぶら下げていたものだった。

 

 が、今年は、「虫除けスプレー」すら忘れて、外に出る時がある。

 

 少ないのは、間違いない。

 が、蚊がいないわけではない。

 

 家に戻ってみると、刺されている。

 かゆいのだ。

 

 蚊じゃないかもしれない。 

腕にはこんなブツブツが。

 

高齢者は、蚊に刺されてもかゆくならない

 夫が、新聞で読んだ記事によると、

「蚊に刺されてかゆくなるのは、免疫反応なので、かゆくなるのは、若い証拠。」なのだそうだ。

 

 え、そうなの?

 あ~、だから、高齢者は、窓を開けっ放しでも平気なんだ。

 蚊が入ってきても、気にしないのか~。

 刺されてもかゆくない、いや、刺されたことにすら気づかない。

 

 単純なようだが、「かゆいのは若いから」とわれると、「かゆくてもしょうがないか~(*^o^*)」と、ちょっとは気持ちが慰められる。

 

蚊にさされやすい人は何県出身の人か

 さて、テレビで、そんなニュースをやっていた。

 遺伝子タイプを調べ、蚊に刺されやすい人は、どこの県出身かを調べたのだそうだ。

 

 ほぉ。

 私は、神奈川県生まれだから、神奈川を見ればよかったのに、とっさに「茨城」を見てしまい、「茨城」は、41位で、なぜか、「良かった~」と思った。

 

 「蚊に刺されない」、というわけではないのにね。(*^O^*)

 

 さて、それによると、No.1、つまり、蚊に刺されやすい人が多い県は、どこだったでしょう?

 答えは「愛媛県」でした~。

 

 一方、蚊が好む血液型は、O型なのだそうです。

 

 愛媛県出身で、O型の人がお友達にいる方は、その人のそばにいれば、バリアーになるかもしれない???

 

さて、スイカ

 当初、「不作なのでは?」と心配していたスイカですが、、、、 

小玉スイカが毎日1個は、とれるようになりました。\(^o^)/

 

 小玉スイカであっても、冷蔵庫にまるごと1個入れるスペースはありませんので、いつもタッパーに入れています。

こうやっておくと、早く冷えるし、食べやすい。

空中スイカを探せ!

 今日のスイカ畑です。

 うちは、スイカの空中栽培はしていないはずなのに。

空中スイカはどこでしょう? 小さいのでわかるかな~。

ここで~す、ここ、ここ。

 

どこかというと、もとの写真の、この部分

 

別の角度から見ると、こんな感じ。

 

 すみません。こんな小さいのが、空中栽培されていたので、うれしくなってしまいました。

 こんなことがあるんですねぇ。

 (以前、雌花がある場所に、目印として刺した棒に、ツルが巻き付いて、このようなことになったようです。)